ポジション取り

Pocket

こんにちわ、キングです。今日はサラリーマンのポジション取りの大切さについて。

私はサラリーマンになるにあたって、少しでも実入りがいいところに入ろうと思いました。つまり高給と言われる会社です。また、会社に入った後も、社内でも実入りがいいと言われる海外駐在を希望し、また実入りがよりよくなるために、ある程度の出世も目指しました。

結果的に今は海外駐在の管理職というポジションで日本にいる場合と比べて、かなり給料を貰っている方だと思います。

やはり、どうせ拘束時間は長いのでしょうからサラリーマンはキャッシュフローを最大にすべく、戦略的にポジション取りをすべきなのでしょうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です