ボーナス

Pocket

こんばんわ、キングです。今月は私も含めた一般のサラリーマンが唯一嬉しい月の一つ、ボーナスを貰える月でございます。こういう臨時収入をどう使うかというのは人によって様々であります。それは個人の価値観に委ねられているわけで、これについては他人にどうこう言うべき類のものではございません。

ワイの尊敬する伝説のお金持ち、本多静六先生は月給などの通常収入は四分の一を残し、ボーナスなどの臨時収入は100%残しました。ワイも将来のキャッシュフローを買うために、ボーナスなどの臨時収入にはほとんど手を付けない方針です。

資本主義の中で労働者の地位から少しでも脱したいのであれば、この姿勢も必要かと思います。

共に豊かになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です