貯蓄と投資のタイミング

Pocket

こんばんわ、キングです。相変わらずコロナが猛威をふるっている世界で、実体経済の悪化に関するニュースをあちらこちらで聞くようになりました。

やれ自動車の生産ラインが止まった、大手商社の決算が大幅下方修正、学生の内定取り消し等、耳にしたくない嫌な話が出るわ出るわ、、

リーマンショック以降の世界各国中銀の大幅金融緩和を背景に特にここ数年は世界的な株高が続いておりました。そして、今年に入ってのコロナ禍による株の暴落。

私たちは株高の好景気、株安の不景気時にどういった運用の行動を取るべきなのでしょうか。今日は私が尊敬している伝説のお金持ち、本多静六先生のありがたいお言葉を紹介したいと思います。

『何時も、静かに景気の循環を洞察して、好景気時代には勤倹貯蓄を、不景気時代には思い切った投資を、時期を逸せず巧みに繰り返すように私はお勧めする』

本当にこの通りだと思います。私もここ数年はあまりの株高、リスク資産のバブルに全く手を出さず(出せず?)貯蓄に励んでおりました。その為に今回のコロナ暴落を避けることが出来たのですが、、

今現在みたいに不景気なのにも関わらず、各国中銀のなりふり構わぬ金融緩和による株高という局面での投資行動は難しく、2番底があるのかないのかを当てるのも至難の業ですが、徐々にリスク資産を増やしていっていいタイミングだとキングは考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です