サラリーマンの基本戦略

Pocket

こんばんわ、キングです。私も日系企業の海外駐在となって7年が経ちましたが、本当にこの7年間は所属する企業に感謝の念しかありません。

もともと日本にいても年収で1000万円を超える給料を貰えますが、海外駐在だと手当、家賃補助、その他福利厚生を含めると年収2000万円以上貰っているようなイメージとなります。

キングの手取りでさえ円に引き直すと月100マソ以上貰っています。正にクビにならない外資系企業に勤めているような錯覚を覚えます。またこの待遇はうちの会社だけでなく、当地に進出している同業やそれ以外の業種の企業も程度の差はあれ、裕福そうです。(それゆえ、タチの悪い駐妻も発生しがちですが、、)

これらのお陰で、特に投資などに大きく資産を割いている訳ではないのに、年に500マソペースで資産が増えていきます。。かと言って生活を切り詰めているわけでもなく、年に2回は海外旅行に行ってます。

サラリーマンという選択をして、資産をノーリスクで早く積み上げるという目的を持っているのであれば、大手日系企業に新卒で入り、若い内に海外駐在になることが、一番の近道ではないでしょうか。私は更に海外駐在で積み上げた資金を利用して帰国後に妻名義で法人を起ち上げ、不動産投資、太陽光投資、証券投資に勤しみたいと考えております。

レバレッジを掛けていきたいですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です