金森重樹さんの金言

Pocket

こんばんわ、キングです。今日は私がいつも心に留めている金森重樹さんの金言をここに紹介したいと思います。

ご存知の方も多いでしょうが、25歳のフリーターで億の借金を抱え、その後不動産投資顧問業で富裕層になられたお方です。

個人的にこの人の事は好きでも嫌いでもないですし、ネット上ではあまりいい評判は聞きません。しかし、彼が度々発信する『富裕層になる為には』という趣旨のメッセージはとても本質を突いていると感じます。特に私が好きなのは以下の部分。

『「みっともなく生きる」これが富裕層への近道だ』

彼は言います。

「富裕層になるまでは言い訳はやめて、みっともなく生きる」

これが、年収1200万~3000万円の人が陥りがちな「高収入貧乏の谷」を渡るときに唱えなければならない念仏です。谷を渡る橋が細く足元がグラグラする板を渡しただけの不安定なものだとしたら、あなたなら限界まで荷物を捨てて軽くしようと思いませんか?

でないと、深い谷底に真っ逆さまに転げ落ちるでしょう。つまり、生活に必要最低限の費用以外はすべてそぎ落として、全可処分所得をまずは貯蓄に振り向け、「種銭」をつくる必要があります(ただし、貯蓄だけでは十分とはいえませんが)。要は無駄遣いしない。これができるかどうかです。実際はできない人も少なくありません。

必要最低限の費用以外はすべてそぎ落とした生活費にすることは、都落ちすることでもないし、恥ずかしいことでもない。ちょっとした勇気と周りにどう見られるかを恐れない心さえあれば可能なのです。

これが、富裕層への道なのです。

折しも、マーケットはリスク回避モードに大きく揺れています。これから円高となり株式が下落していく局面が増えてくるでしょう、そんな時、これまでみっともなく生きてきて、キャッシュを積み上げてきた人間が一番強いことが証明されるものとキングは信じております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です