米ドル建て外貨預金

Pocket

こんばんわ、キングです。

本日は米ドル建て外貨預金について話したいと思います。キングは現在、資産の一部を米ドル建の外貨預金(約10万USD)で持っており、主に3か月で運用しております。

海外駐在員ということもあり、駐在国の地場銀行に預けておりますが、金利は比較的高いというか、かなり良心的です。良心的というのはキャンペーンではないにもかかわらず所謂Libor金利に近い数字となっているということです。

海外に赴任をした当初は地場の銀行の米ドル建ての定期預金金利が実勢対比で良心的だと気付き、これは特別なんだと思ってました。そして意識してそれ以外の出張先の国でも米ドル建ての預金金利をチェックしていると直ぐに気が付きました。

これは日本以外の金融機関が特別なのではなく、『日本の銀行の米ドル建て定期預金金利が詐欺的に低い』のだと。

実際に日本の大手銀行の足元の3か月ドル建ての定期預金金利を見てみましょう。3か月で0.45%。低すぎです。

ちなみに直近のUSD3か月Liborは2.6%くらい。私の駐在する国の大手地場銀行のレベルは2.1-2.3%くらいの利率です。。

ほんと、日本の銀行でまともに米ドル建ての預金金利を提示しているのって住信SBI銀行くらいちゃいますか、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です